0歳向けの買ってよかった絵本!動物・知育・頭が良くなる・クリスマス・音が出る絵本もご紹介!読み聞かせのコツ

勝って良かった絵本 0歳 赤ちゃんの発達
本ページはプロモーションが含まれています

筆者は子供が二人います。2児のママです!

子供が産まれたら、本の読み聞かせをしましょう!

これ結構言われがちだけど。

なんの本を読んであげたらいいの?

何を見せたらいいんだろ?

言葉も理解出来ていない段階の0歳児。

小さい頃から絵本の読み聞かせをすることは、とっても良いこと!

それはわかるけど…。

  • どの絵本を読んであげればいいの?
  • 0歳から読める絵本はあるの?
  • 0歳児向けのおすすめ絵本はある?

そんな疑問を、解決します!

0歳向けの買ってよかった絵本

筆者の子供が0歳のときですね。

だるまさん絵本を、お祝いで頂きました。

[itemlink post_id=”5170″]

まだ早いんじゃない?

言葉も分からない0歳児なのに…と思っていました。

まあ、頂いたので、読み聞かせをしてみよう!

子供をひざの上に乗せて、だるまさんを読んで見ました。

びっくり!!

これ、0歳児、めちゃくちゃ喜びます。(笑)

文字は、読めない。

でも0歳児って、音はわかる!

0歳の子供を膝に乗せて、どーん!とか、コロコロ~とか。

ままもだるまさんを読みながら、体を動かしてみると、子供がとっても喜んでくれます!

わー!

これもらってよかったー♡

って思った一作です。

何度も何度も読み聞かせをしました。

0歳児に是非!

おすすめしたい一作ですね。

0歳向けの動物が出てくる絵本

0歳児向け!どーん!とでてくる飛び出し絵本のおすすめ!

[itemlink post_id=”5434″]

いないいないばあ!

0歳児が一番喜んでくれる遊び。(笑)

(たまに泣く子もいるけどね。)

いないいない…

ばあ!で飛び出す動物!

びっくりするのと面白いのが入り混じった笑顔を見せてくれること、間違いなしです。

かわいすぎますよ~。

絵本を読み聞かせていると、かしてー!と持ってやぶいてしまったり、顔にあてて、遊んでみたり。

ばあ!が楽しい!ということがわかるので、絵本を好きになってくれる1作です。

びっくりする驚きが、楽しい!と分からせて成長を促してくれる。

そんな1作になっています。

0歳児の教育になりますね。

0歳向けの頭が良くなる知育絵本

0歳に知育絵本は?

おすすめ本はありませんー!

本屋さんへ出向いて見てください。

知育絵本って、新作が次々出版されています。

ここで筆者がおすすめするのは、0歳児には、こういう知育絵本を選んで!

こういう絵本を選ぶと、0歳から頭が良くなる!

という知育絵本の選び方を、お教えします。

・どーん!ばーん!など、音を文字で起こしている文章

蛇口をひねる、水が出る

この動作を例えば、きゅ!ばしゃー!など。

・絵が複雑でないもの

犬の絵なら、犬ニュアンスの絵ではなく、犬だとしっかりわかる絵の絵本をチョイス

・簡単でわかりやすい絵本

こんな単純でいいの?!ってぐらいの単純で分かりやすく、簡単な絵本!

0歳に読み聞かせをしながら、頭が良くなって欲しい!

選ぶ知育絵本は、0歳が理解出来る絵本を選んであげれば、聴覚、視覚、が育まれます。

知育絵本を通して、感じとる力が育ちます。

絵本選びはポイントを押さえて選びましょう。

0歳向けのクリスマス絵本

0歳のこどもに、はじめてのクリスマス!

クリスマスに特化した絵本で、0歳向けの絵本てあるのかな?

クリスマスの絵本って、赤、緑、金の色。

サンタさん、トナカイ、プレゼント!

クリスマスは子どもにとって年一度の大イベント!

0歳の頃から、クリスマスとはなんだ?を絵本を通して教えましょう。

・クリスマスのかくれんぼ

[itemlink post_id=”5435″]

どきどきも、わくわくもあって、絵がはっきりしています。

なにかなー?わあ!の驚きがあるので、ママも強弱をつけながら読み聞かせを行ってください!(笑)

0歳でも楽しめる絵本です。

何冊も読み聞かせをしていると、ママも楽しくなってきて、読み聞かせ上手になりますよ♡

0歳向けの音が出る絵本

絵本というか、ボタンを押すと、音楽が流れる絵本ですね。

筆者はアンパンマンの音楽付き絵本よく使っていました。

0歳が一番喜ぶもの。

音、リズムです。

言葉は分からない。けど音、リズムはわかるのです。

テンポが早い音楽をかけると、リズムを取り、楽しみます!

ゆったりした音楽だと、リラックスして落ち着いて眠りにつく。

0歳であっても、大人でもここは同じかな?(笑)

音が出る絵本は、音楽、歌が流れたり、動物の鳴き声だったり、物と物がぶつかった音など、様々です。

音を文字で起こすと、人が発音する言葉がそれだと感じる0歳児。

では実際に、本当の音は何か?を聞かせてあげれるのが、音付きの絵本です。

絵本の読み聞かせで0歳の赤ちゃんの脳と心を育てる方法

絵本の読み聞かせを0歳から行うこと。

とても良いことです。

0歳は、生まれて間もなく、毎日が生きることを頑張っています。

毎日が勉強。

見たものを覚え、聞いたもの、触ったものの感触。五感を教育する。

絵本を読み聞かせすることで、子供に楽しい、面白い、疑問、驚き、様々なことを子どもに考えさせる事ができます。

0歳に脳と心を育てることができるので、絵本の読み聞かせは0歳から行いましょう。

まとめ

0歳児に絵本を読み聞かせることは、彼らの脳と心を育てる素晴らしい方法です。この記事では、0歳から楽しめる絵本をいくつか紹介しました。以下のポイントをおさえて絵本を選びましょう:

  • だるまさんシリーズやいないいないばあのような、子供が反応する音や動きを取り入れた絵本。
  • シンプルでわかりやすい絵が特徴の絵本。
  • クリスマスや動物をテーマにした絵本で、季節や自然に親しませる。

これらの絵本は、0歳の子供たちにとって、視覚や聴覚を刺激し、言葉や世界を理解する手助けとなります。絵本を通じて、子供たちの想像力を豊かにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました