【冬】2泊3日着回し服装!【国内旅行】キャリーバッグ・キャリーケースのサイズ・バッグ女性ブランド・リュック・荷物・持ち物を解説!

旅行
本ページはプロモーションが含まれています

連休や週末を利用して気軽に旅行を楽しめるのが、2泊3日の旅行ですね。

しかし冬の旅行は服がかさばって荷物がぱんぱんになってしまいがち。

あれもこれもと詰めたけど、なくても案外何とかなる事が多かったりします。

特に気候が違う地域だと尚更心配して色々と持っていきたくなるもの。

私の独身時代は「何泊するの?」ってくらい荷物が多くなる事が多かったのですが、子どもが生まれてからは自分の荷物を極力減らすように厳選していくようになりました。

そこで学んだ荷物をコンパクトにまとめる技や、少ない服でのコーデ術、持ち物リスト、おすすめのバッグなど下記について説明します。

旅行を身軽に楽しめる技を集めましたのでぜひご覧ください。

【冬】2泊3日旅行の服装の悩み解決!着回しコーデ

冬の旅行は服が重くてかさばりやすいのが悩み。

まずは2泊3日旅行に行く前に行き先の気温や天候を10日ほど前からチェックしておきましょう。

※今回は箱根・伊豆・道後・別府などの温泉地や京都・大阪・東京での観光・ショッピングメインの旅行とし、冬の平均最高気温が約8℃、最低気温が約0℃で、夜間は旅館やホテルに戻ることを想定しています。

夜遅くまで観光を楽しんだり、もっと寒い地域への旅行ではもう少し寒さへの対策が必要となります。

  • 荷物が重くならないコツ
  • 着回し3日間コーデ

荷物が重くならないコツ

①:アウター(コート)を主役に1着。

動きやすく、シワになりにくい素材がベスト。

撥水加工がしてあると急な雨でも安心です。

②:ニットやパーカなどかさばるものを着ていく。

③:インナーを着まわす。

④:靴はシンプルなもの。履き慣れた物が一番。

女性の冬におすすめの靴は黒のショートブーツ、どんなコーデでも合わせやすいです。

⑤:バッグはシンプルなものにする。

3日間使えるベーシックなアイテムが◎

ショルダーにできると歩くことが多い日は楽。

⑥:ワンピースがあると便利。

私も数泊する旅行の時はワンピースを持っていきます。ホテル内を動く時も1枚で楽ですし、レストランや美術館などでもしっくり馴染んでくれます。チラ見せするインナーを変えたり、スウェットやニットなどを上から着てスカート風コーデにすると雰囲気が変わります。シャツワンピはボタンを開けて羽織ものとしても使えます。

⑦:外歩きが多いならあったかパンツは必須。

スカートよりパンツの方が歩きやすく、また裏起毛素材・裏ボア生素材で寒さを気にせず活動できます。

⑧:防寒具はしっかり準備する。

冬の旅行で寒すぎて楽しめないのは勿体無い!かわいい防寒インナーや、カイロ・手袋などは準備しておきましょう。

⑨:ストールでカラーを投入。

服は着回ししやすいベーシックなカラーが便利ですが、それだけでは写真映えがいまいちで、毎日コーデに変化がないのは写真を見返した時につまらないですよね。軽量でコンパクトなストールを明るいカラーで差し色として使うと、写真写りがよく、気分も上がります。もちろん寒さ対策のアイテムとしても使い勝手が良く優秀です。

着回し2泊3日間コーデ

快適に過ごせるようなコーデを紹介します。

おすすめのベーシックカラーを載せていますが、ご自身のお手持ちの服や好みの色で調整してくださいね。

旅行中汚れてしまわないか気になるようなら、濃いめのカラーがおすすめです。

私は子どもとの旅行が多いので濃いめ又はボーダーなどの柄ものを投入しています。少しの汚れであれば目立たないし、ホテルで汚れた部分を軽く洗えば翌日も着られます!

<3日間着回す服>

  • アウター ダウン(白・黒など)・撥水or防水加工のあるもの
  • トップス1 タートルニット(カシミヤなど暖かくて軽い素材が◎)
  • トップス2 ワンピースやスカート丈が長めのジャンパースカート
  • トップス3 ポケッタブル・コンパクトなベストやカーディガン
  • インナー 2着 防寒インナー(薄手で暖かい物。レースのハイネックなどチラ見せしてかわいいデザインなど)
  • ボトムス 1着 パンツ(ネイビー・黒・グレー・白・デニムなど)
  • ソックス 3足 防寒タイツやフェイクタイツ2足、防寒・あったか素材の靴下(パンツに合わせる)1足
  • 小物 ストール・手袋・ニット帽など
  • シューズ 1足 

<Day1>移動が多いので、座っていても楽なカジュアルなコーデ。

  • アウター
  • トップス:タートルニット・ベストやカーディガン
  • インナー:薄手の物
  • ボトムス:パンツ
  • ソックス:防寒・あったか素材の靴下

<Day2>観光やショッピングを楽しむ。

  • アウター
  • トップス2:ワンピース
  • トップス3:ベストやカーディガン
  • インナー:防寒インナー
  • ボトムス:裏起毛やフェイクタイツなど暖かいタイツ
  • 小物:手袋・帽子・ストール

<Day3>半日観光して帰るために移動。

※ワンピースの上にニットを重ね着する

  • アウター
  • トップス:タートルニット・ワンピース
  • ボトムス:裏起毛やフェイクタイツなど暖かいタイツ
  • 小物:ストール

冬の2泊3日旅行は同じズボンでOK?メンズの着回しコーデ

冬は夏と違って汗をかくことが少ないので、2泊3日旅行ではボトムスはズボン1着あれば十分!

荷物をコンパクトにまとめられるので行く場所やアクティビティにもよりますが、そういった場合は動きやすい部屋着兼用のパンツがもう1本あると安心ですね。

上記と同じ平均気温でコーデを考えました。

我が家の子どもや夫たちが冬のお出かけの際によくしているコーデです。

(子どもたちは遊んで汚れるのでズボンは日数分用意しますが)

<3日間着回す服>

  • メインのズボン1着 (デニムや黒やネイビーが万一汚れても目立ちにくい。カジュアルNGな場所であればデニムは避ける)
  • アウター (シームレスな黒ダウンが便利です)
  • トップス1 きれいめカラーのクルーネックニット
  • トップス2 クルーネックの長袖のTシャツ(白など。ニットのインナーにします)
  • トップス3 チャックや柄のネルシャツ
  • トップス4 厚手のロングTシャツ(ネルシャツのインナーにします)
  • トップス5 ポケッタブルなダウンベスト
  • ソックス1 防寒タイツやレギンス(レギンスには靴下1足追加)
  • ソックス2 防寒靴下 2足(スニーカーソックスなどたけの短いものより長め丈が旅行中は街歩きなどで足元が冷えずにおすすめ)
  • 大判ストール 

<Day1>移動が多い1日。

  • メインのズボン
  • アウター
  • トップス1 きれいめカラーのクルーネックニット
  • トップス2 クルーネック長袖Tシャツ
  • ソックス2 防寒靴下
  • トップス5 ポケッタブルなダウンベスト
  • 大判ストール

<Day2>屋外で観光やショッピングを楽しむ。

  • メインのズボン
  • アウター
  • トップス3 チャックや柄のネルシャツ
  • トップス4 厚手のロングTシャツ(ネルシャツのインナーにします)
  • ソックス1 防寒タイツやレギンスっと靴下
  • トップス5 ポケッタブルなダウンベスト
  • 大判ストール

ズボンのインナーにタイツやレギンスを履くことで防寒対策、汚れ対策にもなります。

ダウンベストやストールでコーデにアクセント

<Day3>半日観光。午後は帰るために移動。

※ニットの中にシャツを着る

  • メインのズボン
  • アウター
  • トップス1 きれいめカラーのクルーネックニット
  • トップス3 チャックや柄のネルシャツ
  • ソックス2 防寒靴下
  • トップス5 ポケッタブルなダウンベスト
  • 大判ストール

2泊3日の国内旅行!キャリーバッグ・キャリーケースのサイズは?

旅行時にキャリーケースを選択する人が増えています。

特に子ども連れだと必須となるでしょう。

キャリーケースには、服がシワになりにくく中の荷物がつぶれにくいなどのメリットがあります。

対して、ボストンバッグやリュックには、軽くて携帯性に優れるなどのメリットがあります。

<2泊3日の国内旅行におすすめのキャリーバッグのサイズ>

30〜40L程度

お土産を多く買う予定であれば40Lがいいでしょう。

<注意>

利用する交通機関によっては手荷物サイズに制限がありますので、事前に必ず調べておきましょう。

<選ぶ時のポイント>

  • サイズ
  • 素材や重さ
  • キャスターがスムーズに動かせるか
  • 機内持ち込み可能か
  • 頻繁に小物の出し入れをするならフロントオープン型
  • ビジネスでも使う場合は落ち着いたデザインの物
  • PC専用ポケットがある(子どもとの旅行ではでタブレットやノートパソコンがあると助かります。)
  • カップホルダー付き
  • USBポート付き

目的や好みに応じて優先すべきポイントをおさえて選びましょう。

2泊3日の旅行に!おすすめの女性バッグのブランドとは?

2泊3日の旅行では、キャリーケースだと機動力に優れていますが、ボストンバッグや大きめのトートバッグ・リュックだと両手が空き、身軽に動き回ることができます。

バッグえらびのポイント、選び方、おすすめブランド

<2泊3日の旅行での旅行バッグの選ぶポイント>

  1. 丈夫な素材。旅行中にバッグが壊れたら旅行を楽しめません。
  2. 重量。バッグ自体が重いと、荷物を入れた時に重くなりすぎることも。
  3. 収納性。しっかり荷物が入ること。ポケットが多いと収納しやすいです。
  4. 防水や撥水加工がしてある。突然の天候不良時でも荷物を守れます。
  5. 静音性。キャスターの音がゴロゴロと大きすぎると旅行の快適さが軽減します。
  6. 防犯性。トートバッグは便利ですが、貴重品を守れるようファスナーがある物を選びましょう。
  7. 飛行機に乗る場合は機内持ち込み可能か事前に確認しましょう。

<バッグの選び方>

  1. 価格
  2. 容量
  3. デザイン
  4. 機能

<2泊3日の旅行におすすめのブランド>

  1. Longchamp(ロンシャン)https://www.longchamp.com/jp/ja/
  2. KATE SPADE(ケイトスペード)​​https://www.katespade.jp/
  3. THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)https://www.goldwin.co.jp/tnf/
  4. marimekko(マリメッコ)https://www.marimekko.jp/
  5. TUMI(トゥミ)https://www.tumi.co.jp/
  6. ACE(エース)https://www.ace.jp/
  7. patagonia (パタゴニア)https://www.patagonia.jp/home/
  8. DELSEY(デルセー)https://delsey.jp/
  9. SUNCO(サンコー)https://www.suncoluggage.com/
  10. LESPORTSAC(レスポートサック)https://shop.lesportsac.co.jp/top/CSfTop.jsp
  11. anello(アネロ)https://www.carrot-online.jp/
  12. 吉田カバン ポーター  https://www.yoshidakaban.com/index.html

冬の2泊3日の旅行におすすめのリュック

2泊3日の旅行中に身軽でいたい人にはリュックがおすすめです。

背負うことで両手が自由に使えるので移動中、街歩きや観光など動き回りやすいのがメリット。

ここではリュックの選び方とおすすめリュック10選をご紹介します。

<リュックの選び方>

  • 肩ショルダーがしっかりしている。細すぎると肩が痛くなります。
  • 丈夫な素材で、防水または撥水加工が施してある。
  • 軽い物がよい。
  • 飛行機に乗るなら機内持ち込み可能なサイズを確認する。
  • 容量:30Lが目安。お土産を多く買う場合や冬季は衣服がかさ張るので40Lあっても良いでしょ。
  • デザイン:自分好みのものを選んで楽しい旅行にしましょう。
  • 機能:外側内側にポケットがあると荷物がまとめやすくなります。

<おすすめのリュック10選>

  1. anello GRANDE HC 大容量リュック 商品番号 GTM0465 30L
  2. anello GRANDE ​​HC 大容量リュック 商品番号 GTH2571Z 40L
  3. THE NORTH FACEロールパック30 商品型番 NM82388 33L
  4. THE NORTH FACEBCホールトート28 商品型番 NM82371 29L
  5. marimekko Mono Backpack Unikko バックパック品番:52_1_52239292195 タテ45 ヨコ27 マチ13 肩ストラップ全長45~94.5cm
  6. KATE SPADE サム KSNYL ナイロン コンバーチブル バックパック 品番: KB336 BLK タテ35 ヨコ28 マチ11.5cm 持ち手26.5 持ち手幅1.8cm
  7. LESPORTSAC CR URBAN BACKPACKダークブルー C タテ42 ヨコ30 マチ16 持ち手40.5 ショルダー49-84.5cm 約20L
  8. patagonia ステルス・パック 30L
  9. patagonia ディセンジョニスト・パック 40L
  10. DELSEY SECURBAN (15.6″) 27L

冬の2泊3日の旅行!女性の荷物・持ち物リスト

冬の2泊3日の旅行では、冬ならではの雪景色を楽しんだり、温泉・ショッピングなどを楽しむ方が多いのではないしょうか。

暖かい地域への旅行では寒さ対策のアイテムは必要ありませんが、ここでは冬の平均最高気温が約8℃、最低気温が約0℃を想定しています。

<基本の持ち物>

  1. 現金、キャッシュカード
  2. スマートフォン
  3. 健康保険証
  4. 運転免許証
  5. 着替え
  6. ハンカチ/ティッシュ
  7. 除菌ウエットティッシュ
  8. 基礎化粧品
  9. メイク落とし・シャンプー・コンディショナー
  10. メイクポーチ(壁掛けできるタイプが便利)
  11. メイク道具・整髪料
  12. リップクリーム
  13. ハンドクリーム
  14. 日焼け止め(夏はもちろん冬も焼けます)
  15. 生理用品(時期によっては必要なし)
  16. マスク
  17. サプリメント・常備薬・酔い止め
  18. 折り畳み傘
  19. イヤホン
  20. モバイルバッテリー・ケーブル
  21. 電源タップ(USBTypeC、USBポート搭載タイプが便利)

<旅行中にあると便利なアイテム>

  1. レディースシェーバーやムダ毛処理グッズ
  2. ミニヘアアイロン(日頃使う人)
  3. 綿棒
  4. 虫除け
  5. 着圧靴下
  6. 腹巻
  7. アイマスク
  8. ネックピロー
  9. 耳栓(イヤホンがあればなくてもOK)
  10. カメラ
  11. スマホ用防水ケース
  12. メモ帳、筆記用具
  13. サングラス
  14. ヘアゴム
  15. ホットアイマスク
  16. 部屋着に使えるようなワンピース
  17. 折りたたみハンガー(宿泊数にもよりますが、自分で洗濯する時にあると助かります。移動手段時も服をかけたりするのにも便利です)
  18. お菓子(個包装のものがあると気分転換になります)
  19. 衣類圧縮袋
  20. 洗濯ネット
  21. ジップロック・小さめのポリ袋

<冬の旅行で持っていきたいもの>

  • ストールやマフラー
  • 防風・防寒帽子(耳当て付きだとなお良い)
  • 使い捨てカイロ
  • 手袋
  • 厚手の靴下
  • 保温機能付きインナー

まとめ

この記事では、冬の2泊3日の旅行を快適にするためのコツやおすすめアイテムを紹介しました。主なポイントは以下の通りです:

  • 服装:着回し可能なアウターとインナーを選び、防寒対策を忘れずに。
  • 荷物:コンパクトで機能的なキャリーバッグやリュックを選ぶ。
  • バッグ:防水・撥水加工がされた丈夫な素材のものが便利。
  • 持ち物:必要最低限のアイテムを選んで荷物を軽く。

冬の旅行は少し工夫するだけでずっと快適になります。この記事で紹介したコツやアイテムを参考にして、次の冬の旅行を存分に楽しんでください!

タイトルとURLをコピーしました