離乳食に梨はいつあげてもいい?調理・保存の方法やあげる際の注意点を教えます。月齢別のレシピも紹介!

離乳食
本ページはプロモーションが含まれています

秋ごろになると、スーパーでよく見かける『梨』。
シャキシャキとした食感・みずみずしさが特徴ですよね。

  • 梨は離乳食のいつから食べさせていいの?
  • どのように調理すればいいのだろう…
  • 気を付けておくべきことはある?

このような疑問を持っているママ必見です。
この記事では離乳食において、
梨をいつ・どのようにして与えるのかをまとめています。
メリットや注意点、後半ではレシピも紹介しているので是非参考にしてください。

離乳食の梨はいつから食べさせていいの?

離乳食『初期』から食べさせることができます。
食感がシャキシャキしているため、ペースト状にすることが困難です。
果汁からあげてみましょう。

梨の離乳食は加熱は必要?大きさは?

月齢別にまとめました。

月齢 加熱 大きさ
初期 果汁のみ
中期 果汁 or すりおろし
後期 無しでも良い 3㎜程度に薄切り
完了期 無しでも良い 5~7㎜程度に薄切り

梨は生でも食べることができますが、はじめは加熱しましょう。
また、梨は食感があるため、うまく噛めないと口に残って嫌がることがあります。
後期でもまだ歯があまり生えていないようであれば、加熱して柔らかくしてあげるといいですよ。

離乳食として梨を与えるメリット

梨の栄養

梨の栄養は食物繊維が含まれており、便秘改善に役立ちます。
便秘気味の赤ちゃんにはうれしいですね。

熱が出た時に食べる

梨は90%が水分でできており、その中でも、ショ糖・果糖が主な栄養です。
子供が熱を出した時に最適な理由は以下2つ。

  • 水分が摂れる
  • ショ糖・果糖は素早くエネルギーになってくれる

熱が出ると食欲もなくなってしまうので、あっさりしている梨をあげてみましょう。

離乳食の梨のアレルギーと注意点

アレルギーの恐れ

梨自体は、食物アレルギーを引き起こしにくいといわれています。しかし、可能性が“0”というわけではありません。
はじめて与える場合は以下の点を守りましょう。

  • 必ず小さじ1からあげて様子をみる
  • 平日の午前中にあげる(体調が悪くなった午後にでも病院に行ける)

与えすぎには注意

約90%近くが水分の梨。水分が多いので、与えすぎると体が冷えて下痢をすることがあります。
子どもが好きだから、ついついあげてしまう…
こういった事、よくあると思います。
おいしいものも、体を壊しては意味がないので気を付けましょう。

離乳食の梨の下処理方法

梨はりんごと同様、皮を剥いてください。芯を取り除く必要もあります。
梨はりんごより芯が固いので、深めに包丁を入れることがポイントです!

離乳食の梨の冷凍保存

冷凍保存がおススメです。
しかし、梨はシャキシャキとした独特の食感があるため、そのまま冷凍保存するには向いていません。
冷凍保存するには、

  • 果汁のみにする
  • すりおろす
  • コンポートにする

など、調理してから冷凍保存しましょう。
保存期間は約1週間です。
作りすぎて使いきれない…ということがないように適度な量を保存してください。

月齢別離乳食のレシピ:梨の果汁とコンポート

<離乳食初期(5~6ヶ月)>梨の果汁の作り方

▶材料
梨…適量
お湯…梨の果汁に対して1:1になる量

▶作り方
①梨をすりおろし、こし器で果汁のみ取り出す
②①を白湯で薄める

こし器が無いときは、お茶パックも使えます!

果汁は冷凍保存ができるので、少し多めに作るといいですよ。

<離乳食中期(7~8ヶ月)以降>梨のコンポートを作ろう

▶材料
梨…20g
水…50㎖

▶作り方
①梨をすりおろす
②鍋に水と梨を加えて弱火で煮る
※電子レンジで600W1分半加熱でもOK

月齢に応じで、梨の大きさを変えてください。

<アレンジ>梨のコンポートを使ったレシピ

ヨーグルト~梨のコンポート添え~

▶材料
無糖ヨーグルト…40g
梨のコンポート…15g

▶作り方
①ヨーグルトにコンポートをのせるだけ!
少しの工夫で、いつものヨーグルトがとてもおしゃれに変身です!

梨のパンケーキ

▶材料
ホットケーキミックス…大さじ2強
水…13㎖
梨のコンポート…適量

▶作り方
①材料をすべて混ぜ合わせる
②弱火で熱したフライパンに生地をのせる
③表面にポツポツ小さな泡がでてきたら裏返し、1分半焼く

パンケーキはバナナ等をいれることが多いですが梨でもおいしくできます!

ホットケーキミックスは、和光堂のプレーンがおススメ。
水だけで作ることができるので魅力的です。
参考:https://www.wakodo.co.jp/product/special/babyfood/snack/akachannoyasashii/

梨の離乳食のよくある質問と回答

Q: 梨はアレルギーがあると食べられないの?

A: 梨自体はアレルギーを引き起こしにくい食材ですが、可能性がゼロではありません。初めて与えるときは小さじ1から様子を見てください。また、梨に含まれる花粉やカビなどにアレルギーがある場合は、よく洗って皮を剥いてから与えてください。

Q: 梨はどうやって冷凍保存するの?

A: 梨はそのまま冷凍保存すると食感が悪くなります。すりおろしたり、コンポートにしたりしてから冷凍保存しましょう。保存期間は約1週間です。解凍するときは冷蔵庫でゆっくりと解凍してください。

Q: 梨のコンポート以外にもレシピはありますか?

A: はい、あります。梨のコンポートはヨーグルトやパンケーキに添えたり、ミルクや豆乳で割ってスムージーにしたりするとおいしいですよ。また、梨とチーズやハムなどを一緒に焼いたり、サラダに入れたりすると、甘みと塩味のバランスが良くなります。梨は色々な料理に合わせられるので、工夫してみてくださいね。

まとめ:梨は離乳食の初期(5~6ヶ月)からあげられます

梨は離乳食初期から与えられますが、はじめは加熱して果汁のみを与えましょう。
慣れてきた後期頃からは、生でも食べられることができます。
ただ、梨にはシャキシャキとした独特の食感があるので、飲み込みにくい場合があります。
その時は、加熱して柔らかくしてあげるといいですよ。

アレルギー発症率は低いですが、初めて与えるときは小さじ1の量を守りましょう。
また、与えすぎは下痢の原因となるので適量を守りましょう。

梨はすりおろしたり、コンポートにすると冷凍保存が可能になります。
冷凍保存して、後日色々な料理に盛り付けることができます。

甘くておいしい梨をうまく活用して、離乳食の時間を楽しく過ごしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました