肉巻きおにぎりが崩れない方法!巻き方のコツ!牛肉?豚バラ?牛豚どっち?【激ウマ殿堂入り人気レシピ】串や棒も使う!おすすめの献立

食事
本ページはプロモーションが含まれています

肉巻きおにぎりは食べ応えがあり、子供が好きな味付けですよね。

我が家は5人家族なので、家族全員の肉巻きおにぎりを購入すると金額が高くなってしまうので、自宅で作ってみたのですが、フライパンで焼いている間に肉巻きおにぎりがくずれてしまい、悲しい思いをしました。

そこで、私は崩れにくい肉巻きおにぎりの作り方を調べると崩れにくくするコツが分かり、実際に作ると美味しく作れて感動しました。

この記事を読んでいただければ、あなたは次のことがわかります。

  • 肉巻きおにぎりが崩れない方法
  • 肉巻きおにぎりの殿堂入りレシピ
  • 肉巻きおにぎりの冷凍保存方法

この記事を読まなかったら、あなたは肉巻きおにぎりがフライパンで崩れてしまうのを見て、今後は作りたくなくなるかもしれません。

この記事を読めば、あなたは上手に肉巻きおにぎりが作れるようになり、家族から絶賛されるでしょう。

では、早速見ていきましょう。肉巻きおにぎりが崩れない方法とは?

肉巻きおにぎりが崩れない方法とは?巻き方のコツ

肉巻きおにぎりが崩れない方法についてご紹介します。

  • ご飯を固く小さめに握る
  • 薄切り肉を使う
  • ご飯が見えないように巻く
  • 焼く前に粉をまぶす
  • 焼く時になるべく動かさない

ご飯を固く小さめに握る

おにぎりは小さめの方が肉が巻きやすいです。実際に私が作った時には、ご飯30gでおにぎりを作りました。

薄切り肉を使う

肉巻きおにぎりに使う肉は、薄切り肉を使いましょう。しょうが焼き用だと少し厚いです。しゃぶしゃぶ用がベスト。切り落とし肉でも重ねれば大丈夫です。巻いた後に手でぎゅっと握ると崩れにくくなります。

ご飯が見えないように巻く

肉を巻いた時にご飯が見えていると、フライパンで転がしている時に崩れ始め、たれをからめるとボロボロになります…。ご飯が見えないようにしっかり巻きましょう。

焼く前に粉をまぶす

薄力粉をまぶす。このひと手間でぐんと崩れにくくなります。

焼く時になるべく動かさない

巻き終わりを下にして焼く時に、焼き色がつくまで動かさないのが大事。

私は焼けたかどうか気になって早めに動かしていたのが、肉巻きおにぎりが崩れてしまっていた原因だったようです。

崩れない方法の通りに作ると上手くできたので、ぜひ試してみて下さいね。

肉巻きおにぎりは牛肉?豚バラ?牛豚どっちを使う?

元々は宮崎のB級グルメである肉巻きおにぎり。

気軽に買える豚肉を使うのが基本ですが、牛肉を使って肉巻きおにぎりを作る方もいるようです。

牛肉で巻いて、甘辛く味を付けると、牛丼を食べているかのような食べ応えがあるそうです。

牛肉で作る肉巻きおにぎりも美味しそうですね。

肉巻きおにぎりの激ウマ殿堂入り人気レシピ

殿堂入りの肉巻きおにぎりレシピをご紹介します。

行楽やお弁当に!肉巻きおにぎり

【材料】(6個分)

  • 俵おにぎり・・・10個(1個25g)
  • 豚または牛薄切り肉・・・300g
  • 白いりごま・・・適量

【調味料】

  • 砂糖+ポン酢+ごま油 各大さじ1
  • 醤油・みりん    20ml
  • 酒         30ml
  • ほんだし(顆粒)  小さじ1

【作り方】

①:俵おにぎりを作って冷ましている間に、調味料を混ぜておく。

②:肉を広げて、おにぎりが見えないように巻く。好みでコショウをふる。

③:熱したフライパンに、巻き終わりを下にして②を置く。焼き目がついたら転がして、全  体に焼き目をつける。

④:フライパンの余分な脂を拭きとってから調味料を2~3回に分けて加え、味をしみこま  せる。

⑤:お皿に盛り付けて、白いりごまをふる。

参考:https://cookpad.com/recipe/1066915

串や棒を使った肉巻きおにぎりのレシピ

運動会やパーティ、BBQにもおすすめの、串や棒を使った肉巻きおにぎりのレシピをご紹介します。

屋台風☆もちもち肉巻きおにぎり棒

【材料】(4本分)

  • 炊き立てご飯・・・1合分
  • 豚バラ薄切り肉・・・8〜12枚(約150〜200g)
  • 塩・・・少々
  • 小麦粉・・・少々
  • 白いりごま・・・適量

【タレ】

  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 酒・みりん・・・各大さじ1

【その他】

  • 青じそ(盛り付け用)・・・4枚
  • いりごま、七味唐辛子・・・少々

【作り方】

①:炊き立てご飯に塩をかけ、しゃもじで混ぜながら米粒が半分残るぐらいまでつぶす。

②:ご飯を4等分にして、串や棒につけて握る。

③:肉をご飯の側面に巻きつけ、小麦粉を軽くまぶす。

④:油をなじませたフライパンで③を焼く。

⑤:フライパンの余分な脂を拭きとってからタレの材料を入れて弱めの中火で煮立て、全体に絡ませる。

⑥:青じそをのせたお皿に盛り付けて、白いりごまや七味唐辛子をふる。

【補足】

  • 串や棒にご飯をつける前に、串や棒を濡らして水気を拭きとりましょう。
  • ご飯をつぶしているので、肉を巻く時にご飯が見えていても大丈夫です。タレを絡めても崩れません。

参考:https://cookpad.com/recipe/4673115

串や棒についた肉巻きおにぎりは、手が汚れなくて食べやすいので、ぜひ作ってみてくださいね。

肉巻きおにぎりに合うおすすめの献立

肉巻きおにぎりに合う、副菜やスープをご紹介します。

献立の参考にしてくださいね。

肉巻きおにぎりに合う献立

  • 副菜
  • サラダ
  • スープ、汁物

副菜

  • よだれ鶏
  • ピーマンの焼きびたし
  • ツナとトマトの冷ややっこ
  • 肉野菜炒め(野菜多め)

サラダ

  • ブロッコリーと卵のサラダ
  • ごぼうサラダ
  • マカロニサラダ
  • チョレギサラダ

スープ、汁物

  • わかめサラダ
  • かきたま味噌汁

肉巻きおにぎりの味がしっかりしているので、あっさりしたサラダや、野菜を使った副菜がおすすめですよ。

肉巻きおにぎりの冷凍保存方法

たくさん作ったときは、肉巻きおにぎりを焼いてタレを絡めたあと、冷凍保存をすると長く楽しめます。

ラップにひとつずつ包み、密閉できる袋や容器に入れて保存しましょう。期間は1~2週間ほど保存が可能です。

食べるときは自然解凍すると、ぼそぼそになりやすいので、電子レンジで加熱してから食べてくださいね。

まとめ

肉巻きおにぎりは、ご飯に肉を巻いて焼く簡単で美味しい料理です。

この記事では、肉巻きおにぎりが崩れない方法や、牛肉や豚肉の違い、殿堂入りのレシピや献立、冷凍保存の方法などをご紹介しました。

肉巻きおにぎりのポイントは、

  • ご飯を固く小さめに握る
  • 薄切り肉を使う
  • ご飯が見えないように巻く
  • 焼く前に粉をまぶす
  • 焼く時になるべく動かさない

です。

ぜひ、この記事を参考にして、肉巻きおにぎりを作ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました