競技について

  • HOME »
  • 競技について

お問い合わせの多いご質問をまとめました。まずはこちらをご覧になってから、不明な点がございましたら、下記お問い合わせよりお問い合わせください。

競技について質問一覧

質問と回答一覧

タイム計測はグロスタイムですか?ネットタイムですか?

全種目総合表彰はグロスタイムです。(着順・公式タイムはグロスタイム)
グロスタイムはスタートのピストルと同時に全選手の時計がスタートします。
ただし、参考記録としてネットタイム計測を実施します。
また、年代別はネットタイムで表彰します。
ネットタイムは、各選手がスタートラインを通過した時からそれぞれ時計がスタートします。
(よって年代別は着順と違う場合もありますので注意してください)

総合表彰者は、年代別順位から除外いたします。

関門時間・制限時間内に完走できなかった場合はどうなりますか?
【ハーフの部】
10.25km地点で85分。15kmポイントで115分の関門があります。各関門を閉鎖時間までに通過できなかった場合、またフィニッシュまでに制限時間を過ぎた場合には、競技は終了になります。
大会スタッフの指示に従って歩道に上がり、ナンバーカード・タグを外し、収容バス等によりスタート会場にお戻りください。
スタートから2時間45分経過時点で、関門の通過にかかわらず一切の競技が終了となります。
走路の交通規制が解除され、レースは続行できません。コース上のランナーは速やかに歩道に上がり、ナンバーカードを外して、レースを中止してください。
関門時間・制限時間終了後や交通規制車通過後は速やかに規制を解除しますのでご注意ください。
【5km・10kmの部】

関門、収容バスはありません。制限時間が過ぎたら、速やかに競技を終了し、自力で会場に戻っていただきます。

体調不良でのリタイア・緊急搬送が必要な場合は関係車両で最寄りの救護所に搬送します。

コース上に給水所・トイレはありますか?
5キロは2か所・10kmは4か所・ハーフは8ヵ所の給水所があります。
トイレも各所に仮設トイレを配備するほか、給水所に隣接する公共の公衆トイレが使用できます。
レース中気分が悪くなったら?
レース中に気分が悪くなってしまった場合やケガをしてしまった場合は、まず無理をせず歩道などの安全な場所に移動してください。
また、近くの大会スタッフまたは救護スタッフに体調や状況を申し出てください。
ペースメーカーはいますか?
5km・10kmはペースメーカーはいません。
ハーフ部門は、5km地点から自転車隊がペースメーカーとしてスタートします。
5分/1km、6分/1km、7分/1km、完走ペースの4グループです。自転車隊は鈴をつけて皆さんが気付くように走行しますので、ペースに不安な選手は目標にしてください。
コース上に距離表示はありますか?
全種目1kmごとに表示します。

大会及びパンフレットの請求に関するお問い合わせ

松島ハーフマラソン大会事務局東日本放送事業局事業部

〒980-8415仙台市青葉区本町2-15-1
ルナール仙台1FKHB東日本放送

022-215-2545

(平日10:00~17:00)

E-mail:marathon@khb-tv.co.jp

マイページ

主催

宮城陸上競技会

KHB 東日本放送


MCC

ランフォト

ランナーズチップ

ボランティア募集

大会のお手伝いをしていただける方を募集します。ご家族で応援にいらっしゃる方、ご友人の応援にいらっしゃる方など、あなたもボランティアとして大会運営に参加してみませんか?お願いする業務は、選手受付・会場内給水などです。※ボランティア募集の締切は8月末日です。

お申し込みは大会事務局まで
松島ハーフマラソン大会事務局
東日本放送 事業局事業部
022‐215-2545
平日10:00~17:00

大会パンレットはこちらからダウンロードできます(PDFファイル)

お問い合わせ

松島ハーフマラソン
大会事務局

022-215-2545
(平日10:00~17:00)

marathon@khb-tv.co.jp

PAGETOP