シングルマザーが家を買って後悔しないために!家を買うべきか?タイミングはいつ?マンション購入は?実家を出る準備

お金
本ページはプロモーションが含まれています

シングルマザーが家を買ってもいいのか、住宅ローンなどで不利になってしまうのではないか、いろいろな不安があると思います。

シングルマザーの場合、住宅購入への障壁が多いのか、私も気になり、住宅ローン審査の業務を行っている、銀行勤務の知人へ色々と質問をしてみました。

そうすると、返ってきた回答は、シングルマザーであろうとなかろうと評価基準は変わらないということでした。

でも…いくつか気を付けたいポイントはあるよね、という話を聞いてきました。この記事では、住宅ローンを知り尽くした銀行員から聞いて分かった、シングルマザーが家を買うためのポイントをご紹介します。

  • シングルマザーが家を買うメリットとデメリット
  • 家を買って後悔しないためのコツ
  • シングルマザーが家を買うべきかどうかを判断するための基準
  • シングルマザーが家を買うタイミング
  • 家を購入するときに知っておくべきこと
  • シングルマザーがマンション購入を検討するときに気をつけるべきポイント
  • シングルマザーが実家を出るときに考えるべきこと
  • 家を買ってはいけない年齢

この記事を読んでいただければ、住宅購入に迷っているシングルマザーの疑問を解決することができます。

それでは早速、シングルマザーが家を買うメリット・デメリットをご紹介します。

 

シングルマザーが家を買うメリットとデメリット。家を買って後悔しないためのコツ

シングルマザーが家を買うことのメリットとデメリットをご紹介します。

シングルマザーが家を買うメリット

自分の資産になり、子どもに家を残すことができるというメリットがあります。

また、長期的に考えると住居費の負担を軽減することができます。シングルマザーに限らず、一般的に考えられているマイホーム購入のメリットと大きく違いはないかと思います。

シングルマザーが家を買うデメリット

デメリットについても一般的なマイホーム購入のデメリットと同様、気軽に引っ越しができないということが挙げられます。

一方でシングルマザーに特に気を付けていただきたいデメリットとしてはライフスタイルの変化により、住居に必要な条件が変化しやすいということです。

再婚した場合はより多くの部屋が必要になるかもしれませんし、反対に子どもが独立した場合は、使わない部屋が出る可能性もあります。

このあたりのデメリットは、シングルマザーの場合、顕著に表れる問題ではないでしょうか。

 

シングルマザーが家を買うべきかどうかを判断するための基準とは?

シングルマザーで家の購入に迷っている方必見!家を買うべきかどうかの判断基準をご紹介します。

シングルマザーがマイホームを購入する際に一番の難関となるのは、住宅ローンの審査ではないでしょうか。

住宅ローンの審査基準は金融機関によって異なりますが、基本的な審査基準を抑えていただき、マイホームを買うべきかどうかの判断基準と考えていただければと思います。

まずは、完済時の年齢です。今後、定年退職の年齢が上がってきて、おそらく70歳くらいになってくると想定されていますが、完済時の年齢がこの70歳を超えてくるとやや厳しいと考えられます。

35年ローンの場合、ご自身の年齢が35歳以下であるかどうか、判断基準になるのではないでしょうか。

続いては、勤務先と勤続年数です。勤務先の評価については、こちらも金融機関により基準が異なりますが、倒産の可能性がほとんどないという評価から倒産の可能性が高いという評価まで、いくつかの評価基準に分かれており、この基準に基づき勤務先は評価されています。

また、どんなに優秀な勤務先にお勤めでも勤続年数が1年未満であると、ほとんど無職と同じような評価になります。最低でも2年以上の勤続年数が必要になるでしょう。

シングルマザーの場合、特に重要となる住宅購入の基準はここでご紹介した、完済時年齢と、勤務先・勤続年数になるでしょう。

 

シングルマザーが家を買うタイミングはいつ?購入するときに知っておくべきこと

ここまでご紹介した、住宅購入の判断基準をもとに、シングルマザーが家を買うタイミングについてご紹介します。

まずは、住宅ローン審査で評価される、勤続年数2年以上というのをクリアしたタイミングであるということが大事になります。出産等により一度退職された場合などは気を付けましょう。購入を検討する際には住宅ローンの審査で見られている項目について知っておくことが大事です。

 

シングルマザーがマンション購入を検討するときに気をつけるべきポイントとは?

住宅ローンの審査に関することや、住宅購入のメリット・デメリットを知っておくことは、一軒家を買う時もマンションを購入するときも重要なポイントになります。ここでは、特にマンションの購入を検討するときに抑えておきたいポイントをご紹介します。

シングルマザーの場合、大人の目が足りない分、セキュリティ面は重要になるかと思います。防犯カメラやオートロックなどのセキュリティ面を確認して、子どもを守りましょう。

もう一点は、子どもの送迎や通勤など、あわただしい中で、駐車場まで行くのが遠かったり、自宅の玄関から建物の外に出るまで階段などの障害が多かったりすると、それが毎日の繰り返しとなると大変ですよね。部屋の中だけでなく、外の部分も気を付けて検討するのがポイントになります。

 

シングルマザーが実家を出るときに考えるべきこと

シングルマザーの方が実家を出るということはメリット・デメリット両面ありますが、とても勇気のいることだと思います。

実家を出て一人で家族を養っていくとなると、やはり大事になってしまうのがお金です。家賃や光熱費、食費を安定して賄っていくことができるかどうか、この点をクリアできれば実家を出たとしてもなんとか生活はできるでしょう。

もう一つ抑えておかないといけないのは、子どもの面倒を自分一人で見なければならないということです。いくら稼ぎが多いとはいえ、子どもを育てていくためには、ほとんど家にいないような生活をすることはできません。

シングルマザーが実家を出るときにはお金の面、時間の面から考えましょう。

 

家を買ってはいけない年齢とは?購入するときに注意すべきこと

ここまで紹介したように、住宅ローンの審査では完済時の年齢というのが重要な項目になりますが、家を買ってはいけない年齢というのはあるのでしょうか。

具体的に家を買ってはいけない年齢と言えるのは20代前半以下、および40歳以上と考えられます。20代前半以下の場合は、生活環境がまだ整っておらず、その状態で家を買ったとしても、将来的に住みやすい家にはならない可能性が高いです。また、40歳以上の場合は住宅ローン審査の完済時年齢という部分が障害になります。

もちろん、退職後にゆったり過ごす小さなマイホームを購入する方もいますから、絶対に家を買ってはいけない年齢というのは存在しません。ただ、将来支払うべきお金についてよく検討したうえで素敵なマイホーム、マンションを購入できるといいでしょう。

まとめ

この記事では、シングルマザーが家を買うためのポイントを銀行員から聞いて分かったことを紹介しました。以下が記事の要点です。

  • シングルマザーが家を買うメリットとデメリットは、自分の資産になることや住居費の軽減などのメリットと、引っ越しの自由度の低下やライフスタイルの変化に対応できないことなどのデメリットがあります。
  • シングルマザーが家を買うべきかどうかの判断基準は、住宅ローン審査の完済時年齢と勤務先・勤続年数です。完済時年齢は70歳以下、勤続年数は2年以上が望ましいです。
  • シングルマザーが家を買うタイミングは、住宅ローン審査の基準をクリアしたときで、勤続年数2年以上がポイントになります。
  • シングルマザーがマンション購入を検討するときに気をつけるべきポイントは、セキュリティ面や駐車場や階段などの利便性です。
  • シングルマザーが実家を出るときに考えるべきことは、お金の面と時間の面です。家賃や光熱費、食費を安定して賄えるかどうか、子どもの面倒を自分一人で見られるかどうかを考えましょう。
  • 家を買ってはいけない年齢は、20代前半以下と40歳以上です。20代前半以下は生活環境が安定していない可能性が高く、40歳以上は住宅ローン審査の完済時年齢が厳しくなります。

以上が、シングルマザーが家を買うためのポイントについての記事のまとめです。この記事が、シングルマザーの方の住宅購入の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました